マンション売却

不動産一括査定サイトランキング

 

 

 

マンションを売りたいときの基礎知識:買取と売却の違い

マンションを売りたいときの基本知識、買取と売却の違いについて説明します。
マンションを手放したいという時、最近では、不動産の買取専門業者にマンションを買い取ってもらうという手法が流行っています。今までのスタイルである「売却」と、新しい手法として注目されている「買取」とは何が違うのでしょうか?

 

2者が違う点は大きく分けて3つあります。
それは、売り先、スピード、金額、の3つです。
最初に、誰に売るのかについてですが、売却の場合はその建物を実際に利用したい人または会社が対象となります。不動産会社は仲介をするだけで、不動産会社自身がそのマンションを購入するわけではありません。
よほど魅力的なマンションでない限り、売却先がすぐに見つかることはないので、売却の場合は時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

メリットとしては、本当にその物件を買いたい!という人が見つかるので、高値で売却できるケースが多いです。不動産を売却する場合は、REINS(レインズ)というサイト(システム)に登録することで情報を公開し、売却先を探すという手法が一般的です。

 

 

一方で、買取の場合は、実際にその建物を利用する人が買うわけではありません。
その建物を買い取った後に修繕したりリフォームしたりして、別の第三者に売却することで利益を得たいと思っているリノベーション企業や買取専門業者が、買取の対象となります。
なので、実際に利用する人を探す必要がないので、買取の場合はすぐに契約が決まる場合が多いです。手持ちの不動産を急いで売りたい場合には買取業者に依頼するのが最善策です
デメリットとしては売却の時よりも販売価格が下がってしまうというケースが多いです。それでも資金力がある買取業者の場合は、売却と変わらない値段で買い取ってくれることも少なくありません。
また、買取の場合は、瑕疵担保責任や仲介手数料などがありませんので、トータルで見ると買取のほうがメリットが大きい場合も結構あります。

 

一般的には、多少安くなってもいいからすぐに買い手を探したいという場合は「買取」がよい、すぐに売る必要はないから少しでも高額で売りたいという場合は「売却」が良い、
と言われています。とはいえ、一概にそう言えるわけでもないので、まずは売却と買取と双方の業者の話を実際に聞いてみるのがベストのやり方かと思います。